渋谷で人気の医療脱毛

クリニックと脱毛サロンの違い

医療レーザー脱毛と光脱毛の違い

医療レーザー脱毛と光脱毛の大きな違いとして、使用されている光の種類にあります。医療レーザー脱毛に使用されている光はレーザーになるのですが、ダイオードレーザーやルビレーザーなどの種類があります。しかし、どれもレーザーになるので医療機関でのみ取り扱いが許可されていることになります。つまり、医療レーザー脱毛を受けるには美容皮膚科などの病院を訪問することになります。病院であるということは、医師の診察が行われることや薬を処置してもらうことができます。痛みに関しては麻酔クリームを塗ってもらうこともでき、施術後には肌の炎症を抑える薬を出してもらうことができます。一方、光脱毛は脱毛サロンやエステサロンで行われている施術であり、インテンスパルスライトやキセノンランプなどの光が使用されています。永久脱毛をすることもできなければ、薬を処方することもできません。ただし、予算的に非常にリーズナブルであり、施術後にはサロンならではの肌のお手入れをしてもらうことができます。

医療脱毛と光脱毛の痛みを比較

脱毛を受けるのであれば、痛くない脱毛を受けたいと考えている人も多いのではないでしょうか。脱毛は、ムダ毛がなくなるというメリットがあっても、痛いのであれば通うのも嫌になってしまうものです。一回だけであればいいものの、脱毛完了までには何度も施術を受ける必要があるので、痛みという原因で途中で辞めてしまう人もいるものです。脱毛サロンの光脱毛であれば、肌に優しい光が使用されているので、比較的痛みに関しては安心して受けることができます。しかし、永久脱毛までの効果を発揮することができません。永久脱毛ができるほどの高い効果を望む場合には、医療レーザー脱毛が向いています。しかし、光脱毛とは比較にならないほどの強い痛みが発することもあります。けれども、医療レーザー脱毛であれば我慢することはありません。病院でのみ行われている脱毛でもあるので、痛くなったら麻酔を処置してもらうことができます。痛くなる前にも処置が可能なので、全く痛みなしでも受けることができます。

医療脱毛に必要な回数

医療脱毛は、医療レーザーを使用して脱毛を行います。脱毛サロンによる光脱毛の場合、施術してもまた生えてくる可能性がありますが、医療レーザーの場合は毛を生やす働きをする毛母細胞を破壊するため、永久脱毛が可能です。一般的に、医療脱毛は平均5~6回程度の施術回数で、おおむね満足するレベルのつるつる肌になります。しかしこれは個人差があり、部位によっても異なります。IラインやOライン、顔などは6~10回程度は必要なことが多いようです。完全につるつるにしたい場合は、どの部位も10回以上、IラインやOライン、顔はさらに数回多く受けるといいでしょう。施術は、休止期、成長期、退行期という毛の周期に合わせて行います。生えている毛は全体の3分の1程度しかなく、その生えている毛が休止期を迎えると、残りの毛が生えてくる、というサイクルを繰り返します。休止期に施術をしても脱毛効果はなく、毛が生えてくるのをまって施術する必要があります。そのため施術は間を開けて行います。そのため、5~6回の施術でも期間は1年から1年半かかることになります。

医療レーザー脱毛の種類と特徴

レーザーの種類

ダイオードレーザー

レーザーを直接的に肌に照射した際に、レーザーが皮膚の表面は通過しながら、毛母細胞だけを攻撃してくれるのがダイオードレーザーの特徴です。毛根や皮脂線を破壊する事ができるために、綺麗な毛穴を作り出しやすいと評価されており、毛が再び生える事が少ないという利点があります。効果的な脱毛の方法ではありますが、体毛が伸びるサイクルが休止期に入っている時には、ダイオードレーザーを照射しても効果が無いので注意が必要です。毛周期に合わせてレーザーを照射するために、カウンセリングで部位ごとの毛のサイクルを確認してもらう必要があります。顔や背中のムダ毛を医療レーザー脱毛で処理する際にも、ダイオードレーザーを利用する事は可能です。

アレキサンドライトレーザー

アメリカで開発された、アレキサンドライト(宝石)を使用したレーザーをアレキサンドライトレーザーと言います。現在日本で最もメジャーなアレキサンドライトレーザーはキャンデラ社製で、施術時間が非常に短いのが特徴の手軽なレーザーとして有名です。1997年ごろ日本に入ってきてから、今日まで医療レーザー脱毛において広く用いられています。アレキサンドライトレーザーは冷却ガスを当てながら照射するため、冷却ジェルの塗布が必要がありません。それゆえ冬場など、冷えたジェルの塗布を嫌がる顧客には人気となっています。また、冷却ガスによって多少痛みが軽減されるため、医療レーザー脱毛特有の痛みが苦手な人からも支持されています。

ロングパルスヤグレーザー

ロングパルスヤグレーザーは、他の医療レーザー脱毛機器よりも肌の深いところまで届くレーザーです。現在日本では、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーを導入しているクリニックの方が多いのですが、ロングパルスヤグレーザーはそれらのレーザーでは満足いく効果が得られなかった人におすすめです。黒いものに強く反応してしまうレーザーと比べて、ロングパルスヤグレーザーは黒いものに反応しにくい性質があるため、肌がもともと黒い人でも施術できます。それゆえ、色黒のため脱毛を断られてしまった経験のある人でも、一度試してみる価値はあるでしょう。施術時は多少の痛みがありますが、数回施術しているうちに慣れたという人が多いようです。

ルビーレーザー

臨床データが数多く集められているために、安全性の高さで評価されているのが、ルビーレーザーという医療レーザー脱毛の技術です。レーザーの効果が中心に集まりにくい特性を持っているために、幅広い範囲のムダ毛を効率的に脱毛する事ができます。ルビーレーザーを照射した際には、中心部分だけ熱されすぎてしまう事もないので、皮膚が火傷を起こしにくいという点でも評価が高い技術です。照射した際に一時的に皮膚が白くなるのも、ルビーレーザーの特徴の一つですが、その白さは短時間で元通りになる事がほとんどです。改良が進められているルビーレーザーは、シミなどが発生している皮膚に対しても、問題なく照射する事ができるようになっています。

脱毛機の種類

ジェントルレーズ

日本の美容クリニックでも、導入数がナンバーワンといわれているジェントルレーズ、現在の医療レーザー脱毛の主流ともいえる脱毛機で、医師も非常に扱いやすい安全性の高い脱毛機として高く評価しているようです。ジェントルレーズのメリットは、照射口から冷却窒素ガスを噴射するので、肌の表面を優しく守りながらレーザー照射できるという点で、熱さを感じないため、痛みを軽減させることが出来ます。また、波長が短めのレーザーなので、毛嚢炎が出にくく、肌荒れしにくいため、お肌が敏感な方でも安心して受けられます。照射スピードも速く、ヘッドの計量が軽いので、漏れなく照射できるため、医師や看護師にも、施術しやすい脱毛機だといわれているようです。

ライトシェアデュエット

ライトシェアデュエットは、医療レーザー脱毛の専用のレーザー機器です。レーザーの種類はダイオードレーザーであり、波長が810nmであり、脱毛をする際に日本人の毛や肌との相性が最も良い波長を使っています。レーザーを皮下脂肪まで届けていくことが可能であり、しっかりと毛や毛周辺の組織を破壊することができることが特徴的になっています。ライトシェアデュエットは、メラニン色素に反応することによって毛などの組織を破壊するため、日焼けをした肌でも効果的に脱毛することが可能になっています。メラニンの濃い色素に反応するため、肌へのダメージを最小限にした治療をすることが可能であり、痛みが比較的少ない治療を行うことができます。

メディオスターNeXT

メディオスターNeXTは、医療レーザー脱毛の機器の一つです。従来の医療レーザー脱毛の機器では、毛の深部にある「毛乳頭細胞」や「毛母細胞」などの毛を作り出す部分の破壊をするものがほとんどでしたが、メディオスターNeXTの場合は、皮膚の表面の近い位置にある「バジル領域」という発毛にかかわっている部分を破壊することを目指した脱毛機器になっているため、かなり低い出力で脱毛治療をすることができます。そのため、医療レーザー脱毛で痛みが多い顔の治療を、メディオスターNeXTの場合は痛みを大幅に軽減して治療をすることが可能であり、男性の濃いひげの治療などで人気が高くなっている機器になっています。肌へのダメージが少ないため、炎症などの不具合が起きにくく、安全に治療をすることができます。

ジェントルヤグ

ジェントルヤグは日本で導入されているクリニックが非常に少ない機器である最先端の医療レーザー脱毛で脱毛だけに留まらず、小ジワやリフトアップ、ニキビ跡などにも効果を発揮するのです。場所や範囲、個人差もありますが施術時間は平均して10~十数分と非常に短く、それだけではなく痛みがほとんどないので体や皮膚への負担も非常に軽減できるのです。そして、施術が終わればメイクして帰れるので日常生活にも何の支障もありません。施術期間の目安は3~4週間に1回で3~6回程度が平均的です。自由診療となりますのでクリニックによって金額が違いますが、割引キャンペーンなどを行っている場合があるのでまずはネットで探してお得で納得できるクリニックを探してください。

レーザーと脱毛機の種類のまとめ

医療レーザー脱毛で使用されているレーザーにはさまざまな種類があり、クリニックによっては所有しているマシンの種類が限定されていることもあります。そのために、肌や毛の状態に合わせてどのレーザーがベストなのか知っておく必要があります。主流となっているレーザーの種類に、アレキサンドライトレーザーがあります。日本人の肌の色にぴったりなマシンであり、全国にある美容クリニックでも多く導入されています。ワンショットあたりの処理面積が広いことから全身脱毛など広範囲であっても短時間で済ませることができるというメリットがあります。他にも、日焼けをしている肌の人にも安心なのがダイオードレーザーであり、脇毛やVライン、男性のヒゲなど太くて根深い毛にも効果を発揮するのが、波長が長いルビーレーザーです。ロングパルスヤグレーザーになると、シミやそばかす、にきびやくすみなどの肌トラブルに対しても効果を発揮することができるので、女性に人気があります。

医療脱毛の料金

クリニックと脱毛サロンの料金の違い

一般的なイメージとして医療脱毛は高額で、エステサロン脱毛は料金が安いことが挙げられます。実際に医療脱毛の平均価格は脱毛回数によりますが20~50万円とされており、1回当たりの脱毛料金が1万円もかからないエステサロンより高額であることが言えます。これは使用しているレーザー出力が異なることにあります。医療脱毛の場合はレーザー出力が強いため、ムダ毛を生やすための細胞を壊し少ない施術回数で永久脱毛をすることが可能です。それに対しエステサロンではレーザー出力が弱いため永久脱毛をすることは出来ず施術回数は多くなりますが、痛みが少なく施術をすることが出来ます。そのため料金が異なるのですが、エステサロンでムダ毛を気にせずツルツルの肌を手に入れるためには約3年を必要とされています。そのため長期間の施術を必要とするエステサロンでは、通い続けるうちに医療脱毛の支払い金額とあまり変わらないことは珍しくないので、一度に多く支払うか、分割で細かく支払うかになるかもしれません。

渋谷の医療脱毛の料金の相場

医療脱毛は、エステサロンでの光脱毛に比べ、料金が高いといわれています。実際の料金の相場ですが、部位によってかなり違いがあります。脱毛の部位として最も定番化しているワキの脱毛の場合は、比較的安めで、1回1000円、や回数無制限で5000円以下のクリニックもありますが、平均値としては、1回5000円程度になります。ひじ下やひざ下、ビキニラインなど施術範囲の広い部位については、1回20000円前後というのが相場となっていて、やはりエステ脱毛に比べ、1回あたりの料金は割高です。ですが、医療脱毛というのは、エステ脱毛に比べ、一回あたりの効果が高く、通う回数が非常に少なくて済むのが特徴なので、最終的に負担する金額というのはエステ脱毛と変わらない、という場合が多いです。また、エステ脱毛では、脱毛を完了させるということは難しく、1度自己処理が必要ないレベルまで脱毛が完了したと思ってもまた生えてくる場合も多いですが、医療脱毛では、いったん脱毛を完了させると永久につるつるを維持できるのです。

安い医療脱毛探しのコツ

エステの光脱毛を受けたけれど、時間が経ったら伸びてきたので、また通わなければならないのかとうんざりしている方があれば、今度は美容外科や皮膚科で医療脱毛を受けましょう。エステよりも性能が良い医療用レーザーを使って脱毛するので、時間が経っても、光脱毛を受けたときのように伸びてくるようなことはありません。その代わりに料金が高いのが気になるという方もあるでしょうが、安い医療脱毛探しにはコツがあるので、それさえつかんでいれば、少ない費用で綺麗な肌になることが出来ます。そのコツとはお得なキャンペーンを利用することなので、お近くの美容外科や皮膚科のホームページを訪問し、調べるようにしてください。キャンペーン期間中はサイトのトップページにそのことが記載されてあるので、それを見れば、現在どの部位が安い料金で脱毛できるのかがひと目でわかるようになっています。全身脱毛がお得な料金で受けられることもあるので、キャンペーン情報を知りたいときは定期的に訪問するようにしてください。

支払方法

医療脱毛は医師が常駐する医療機関で、脱毛施術を行う方法です。医療用レーザーを用いる施術が主流ですが、支払方法として多いのが、現金払いとクレジットカード払い、医療ローンになります。現金払いとは、契約したコースの全額を直ちに現金で支払う方法です。コンビニや飲食店の会計時に、お札や硬貨で支払う方法と同じ手段になります。クレジットカード払いは、カードを差し出すことで決済する方法です。現金がなくても支払いが完了しますが、カード会社に後日利用代金を返済する義務が生じます。分割払いやリボ払いも利用可能で、医療機関の会計時に伝えるタイプと、カード会社のサービスを利用して後から支払い方法を変更できるタイプがあります。医療ローンは医療機関と提携する信販会社などと契約して、分割払いで支払っていく方法です。月額払いによる医療脱毛の方法として、よく活用されています。クレジットカードの分割払いよりも低金利で利用できるケースが多くなっています。

医療脱毛に必要な期間

部位ごとに異なる?

ムダ毛を処理する方法の1つに医療脱毛があります。医療脱毛は美容クリニックなど医師のいる施設で受けることができる施術です。もともとはアザやホクロなどを薄くする医療行為でしたが、ムダ毛を抑える効果があるとして、脱毛施術に使われるようになりました。医療脱毛での施術は、肌にレーザーを照射して行います。このレーザーにはメラニン色素に反応するという性質があります。そのため肌に照射するだけで、メラニン色素を含むムダ毛にダメージを与えることができるのです。医療脱毛が終了するまでの期間や回数は、ムダ毛に含まれているメラニン色素の量が関係してきます。メラニン色素が多ければ、それだけレーザーの効果が得られやすくなります。その結果、少ない回数や期間で施術を終えることができます。両脇やVラインなど、ムダ毛が濃い部位は期間が短くなるのが一般的で、半年から1年ほどで終了する人が多くなります。その反面、背中や顔など、ムダ毛が細くて薄い部位は施術が長引く傾向があり、1年ほどかかるのが一般的です。

部位ごとの医療脱毛との相性

ムダ毛の処理をスムーズに済ませる方法として、医療機関で受けられる医療脱毛施術を受ける女性が増えてきていますが、エステサロンや脱毛サロンなどの美容専門施設に比べて、使用されている脱毛マシンが異なることや、医療機関ということもあり施術料金がエステサロンよりも高額になりやすい傾向にあります。そのため初めて医療機関で脱毛ケアを受けるという方の多くは、全身脱毛ケアよりも気になる部位の部分脱毛をまず受けてみるという方も少なくありません。そこで医療脱毛でおすすめの部位として特に人気が高いのが、ムダ毛が目立ちやすいとして施術人気が高いワキのお手入れです。ワキのムダ毛は他の部位に比べて毛質が硬く、しっかりしている特徴がありますので、医療脱毛に使用されている医療レーザーが反応しやすく一度の施術でもムダ毛がぽろぽろ抜けるなど、高い脱毛威力を実感することが出来ます。勿論他の部位でもしっかり脱毛効果を得ることが出来ますが、ワキやアンダーヘアなどは特に脱毛効果が高いです。

部位別でクリニックに通う周期

むだ毛が気になる人はどうしてもカミソリなどでむだ毛の自己処理をするので、皮膚トラブルに悩まされることが多いです。皮膚トラブルにならないためには、むだ毛の自己処理を控えるといいですが、それは難しいというならば脱毛クリニックなどに通い、専門家にむだ毛処理を任せるといいでしょう。クリニックなどの医療機関でおこなう医療脱毛は、脱毛効果が高いことで人気がありますが、より脱毛効果を高めるためには、毛周期にあわせた施術をおこなうことが大事です。毛周期は部位や個人差によって違うので、カウンセリングの時に確認して、施術スケジュールをたてるといいでしょう。医療脱毛の部位別の毛周期は、全身脱毛の場合は2か月で、ワキは2か月~3か月です。VIOラインは1か月半~2か月で、全顔は1~2か月です、太ももは1か月半~2か月で、膝下は1か月半~2か月くらいです。毛周期にあわせて施術をしないと脱毛効果がでにくいので、できるだけ予約をとったらキャンセルをしない方がいいでしょう。予約が取りにくいクリニックなども毛周期に合わせた施術スケジュールを組みにくくなるので、脱毛が完了するのが遅くなります。